企業の商標管理におけるいくつかの一般的な誤解

2021/08/03
2021/08/03

知的財産権の重要な構成要素として、商標は国家発展の重要な戦略になっています。企業が激しい市場競争で負けないように続けたいのであれば、商標は極めて重要な役割を果たしています。ますます多くの企業が商標の重要な価値を認識し、企業の商標管理を開始しています。著者は10年以上知的財産法律サービスに携わっており、様々なタイプの企業と接触してきましたが、多くの企業が商標管理業務に明らかな誤解を持っているため、商標の価値を最大化できなくなることを発見いたしました。本文では、企業の商標管理業務におけるいくつかの一般的な誤解について分析して検討し、商標を効果的に管理する方法について企業に示唆することを期待します。

誤解1:商標はブランドであるという誤解

まず、商標≠ブランドであることは明らかであり、両者を直接同一視することはできません。商標とブランドには類似点がありますが、ブランドは商標よりも幅広い外延を持っています。広義のブランドには、ブランド名、ブランド文化、ブランドイメージなどの多くの要素が含まれます。ブランドは市場コンセプトで、感じて経験する必要があり、触ることができなかったが、商標は法律コンセプトで、見ることができ、触ることができ、手で届く範囲にあります。ブランドの計画と宣伝は、商標という法律キャリアに依存する必要があり、ブランドに関連する要素は、商標として登録されている場合にのみ、法律によってより適切に保護できます。

企業管理者は、商標がブランド価値を反映する最も重要な指標であることを認識する必要があり、商標は登録及び授権される必要があり、ブランドは自然に形成され、商標のないブランドは、保護なしに相当し、大きな法的リスクがあります。

誤解2:商標は特許より劣っているという誤解

周知のように、知的財産権の一般的なタイプには、商標、特許、著作権、企業秘密、ドメイン名、新種の植物などが含まれ、その中で、商標、特許、著作権が最もよく見え、よく使えています。著者が接触した企業の中には、商標と著作権は軽い資産に属し、特許は重い資産に属すると考え、さらに知的財産管理システムでは、商標と著作権よりも特許の方を重視する企業があります。これは明らかな認識の誤りであり、知的財産法系全体の中で、商標法は最も理解しにくいものです。英国のJeremy Philips教授はかつて、「商標法は驚くほど欺瞞的で、一見明らかなように見えますが、謎に満ちています。一般的に、商標法についての了解が少なければ少ないほど、それが簡単だと間違えやすくなります。商標法を深く研究した人なら誰でも、この分野が知的財産権における本当の難題に満ちていることに驚く発見します。かなりの数のレベルで、商標法のある基本的な問題は現在依然として不確定性があり、且つ常にそうである可能性があります。この点で、商標法と量子力学には共通点があり、不確定性原則はこの2つの学科にも中心位置にあります。」と言いました。

企業の種類によっては、商標、特許、著作権の3種類の権利の量と質も異なり、企業の発展のある段階でそのうちの1つが強調される可能性がありますが、管理地位から比較すると、3種類の権利は、どちらか一方を優先すべきではなく、同等の地位と見なすべきです。国内外の有名ブランド、百年老舗を見ると、すべて商標を通じて継承されており、商標は永遠で持続的に使用できるが、特許と著作権はいずれも保護期間があります。これは、コカ・コーラの前会長であるウッドラフが自信を持って、「私の工場が火事で破壊された場合、世界的な金融危機が発生した場合でも、コカ・コーラのブランドがある限り、私は翌日また立ち上がります。」言葉を言う原因です。

意識が行動を決定し、行動が結果を決定します。企業管理者たちは、正しい商標イデオロギーを確立しつつ、それを管理業務に実行し、専門の商標管理部門を設立し、専門の人員を配置し、専門の資金を提供すべきです。商標の話題は常に話すほど、新しい話題が生じ、商標についての了解が少なければ少ないほど、それが簡単だと思い、さらに無知の表現と言えてもよいです。

誤解3:商標は単なる登録であるという誤解

一部の企業管理者は、商標に関連する業務は商標を登録し、登録が成功した後に使用し、権利侵害や偽造を見つけるときに偽物を取り締まるのみと考えています。この見方を持っている人はたくさんいますが、このような認識は明らかに井の中の蛙のものです。商標法律サービスは、登録申請書の提出を代理するだけでなく、全面的で体系的なサービスシステムであり、最初の商標システムの確立、商標命名計画、事前の検索、登録提出、登録後の商標の使用、商標ライセンス、商標譲渡、商標監視、及びその後の権利侵害調査、行政調査、競争交渉、競合製品の監視、司法訴訟などの一連の法律サービスが含まれます。

現在、多くの企業は、商標登録の成功が目標を達成し、登録の成功を商標管理の究極の目標と見なしていると考えていますが、実際は、商標登録の成功は最初のステップに過ぎず、後に商標の維持とブランド構築にはより多くのリソースが必要です。したがって、企業管理者たちは、商標に関連する法律サービスは「単なる登録ではない」ことを認識する必要があります。

誤解4:商標レイアウトは簡単であるという誤解

商標レイアウトは、商標システムの確立における最も重要なことであり、さらにブランドの長期的で安定した発展のための重要なサポートです。多くの管理者は、商標レイアウトは、使用する必要のある商品やサービスにロゴを登録すればよいと考えています。この見方は一方的なものであり、商標登録としか呼べず、商標レイアウトとは呼べません。ロゴ、商品、サービスは商標レイアウトの3つの重要な側面ですが、より詳細に分解する必要があります。これらの3つの側面に加えて、商標レイアウトには、地域、製品ライフサイクル、競合製品分析なども含める必要があります。

ロゴのレイアウトに関しては、商品やサービスで使用されるロゴに加えて、会社の商号など、一部のシナリオでソースを識別する作用を果たすことができる他のロゴも考慮する必要があります。MeituanとToutiaoの商標は誰もが知っていますが、実際、Meituanが所有する会社は北京三快科技有限公司であり、Toutiaoが所有する会社はBeijing ByteDance Technology Co.、Ltdです。三快、Bytedanceは、両社の商号であり、商標として使用されていませんが、使用シナリオで依然として識別作用を果たすことができ、三快、Bytedanceの商号については、同様に商標レイアウトを行う必要があり、実際は、両社がこのようにしました。

製品やサービスのレイアウトに関しては、できるだけ全面的にし、まず現階段の使用ニーズをカバーし、次に短期的に拡大する可能性のある事業範囲をカバーし、最後に商標の希釈効果を考慮する必要があります。具体的な実務の操作では、大規模総合企業の場合、商標分類の45のカテゴリーすべてを登録して、商標使用のニーズが発生したときにいつでも使用できる商標保護閉ループを形成することをお勧めします。例えば、今回の新型コロナウィルス肺炎の流行では、Wuling Motors、Gree Air Conditionersの両方がマスクの製造を開始しました。これはホットスポットに便乗するではありません。両社は何年前にマスク製品に関連する商標を登録しているため、強力な商標レイアウトがその背後に強力にサポートしています。

商標レイアウトも製品ライフサイクルを考慮する必要があり、製品ライフサイクルは比較的長いで、商標レイアウトは製品の誕生から製品の消滅までに数年、さらに10年以上経過する場合があるため、このような長い期間で商標レイアウトを通じてブランドを継承する方法を考える必要があり、実務では、一連の商標の変更に反映することができます。例えば、Huaweiは現在、白虎、朱雀、鴻鵠、饕餮、霊犀、騰蛇、鴻鵠、威鳳などの数十の神獣名をチップ分野で登録しており、Huaweiはチップシステム分野の商標レイアウトはすでに強大な「神獣天団」を形成し、実際には、Huaweiが発売した鴻蒙、麒麟、鯤鵬のチッププロセッサは広く知られています。これにより、Huaweiは、チップシステムの製品サイクル中に多数の商標をレイアウトし、これは、Huaweiのチップブランドの長期的な発展をサポートするのに十分であることを推測できます。

上記でいう側面に加えて、商標レイアウトも多くの要素に関し、管理者たちは長期に焦点を当てる必要があり、合理的で先行的な商標レイアウトは、激しい市場競争の中で企業のために強力な法的サポートを提供できます。

誤解5:商標は1つの部門の問題であるという誤解

前述のように、企業は専用の商標管理部門を設立する必要がありますが、商標は決して管理部門の1つの部門の問題ではありません。法務部又は知的財産権部が最も一般的な商標管理部門であり、その責任は、本会社の商標管理制度を策定し、商標に関連する様々な法務を具体的に実行することです。ただし、商標は法律に関連しているだけでなく、市場、計画、営業、生産、製造、販売、アフターサービスなどの各ステップにも密接に関連し、市場部門、生産製造部門、販売部門などに関し、これらの部門と商標管理部門はほとんど同等のレベルのユニットであり、商標管理にはこれらの部門の協力とサポートが必要です。例えば、市場部門は、市場営業活動に商標管理部門の意見に耳を傾け、商標ログの使用を規制するものとします。販売部門は、販売市場を監視し、権利侵害の疑いが見つかった場合は、タイムリーに商標管理部門と連絡を取り、協力するものとします。

実務では、各部門がお互いを理解しておらず、協力していないことが多いので、著者は、ブランド委員会を設立することをお勧めします。このブランド委員会は、会社のゼネラルマネージャー又は副ゼネラルマネージャーをトップリーダーにし、法務部、知的財産権部、市場部、販売部などの各部門担当者を該委員会のキーメンバーにし、且つ本部門のメンバーを率いて商標に関する具体的事務を実行し、内部の違いがある場合にブランド委員会のトップリーダーにより決定されます。

商標管理は長期的な業務です。企業は商標戦略を自社の経営戦略システムに組み込み、商標管理制度を積極的に策定すべきであり、企業の無形資産として、商標は効果的な管理手段によってのみ、この無形資産の最大の価値を発揮し、企業のためにより高い経済的利益を生み出すことができます。

王金華弁護士、北京市品源法律事務所

    

Contact

お問い合わせ

中国への特許出願・商標出願についてはこちらからお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせはこちら

平日10:00~18:00まで。
営業目的のお電話はご遠慮ください。

フォームからのお問い合わせはこちら

詳しいご相談をされたい場合は
お問い合わせフォームをご活用ください。